薬剤師になるには国家試験をパスしなければなりません。今ではかなり難しい試験になっていると聞いています。私の聞いた人の中には、わが子を薬剤師にしたいと思い、遠くは九州の大学の薬学部に入学させたとの話も聞きました。大学も薬学部を設置している大学は単科大学で総合大学のように、それ程多くはないからなのです。それでも、いったん薬学部に入学して、運良く薬剤師になれば薬剤師の募集はどこでもありますから、仕事にあぶれることはありません。
 私が聞いた九州の大学の薬学部に子どもを入学させた人は、仕送りが大変だと言っていました。一年大学に入学時点で浪人し、薬剤師の国家試験で一回失敗して、合計二年間回り道をしたそうです。ですが、ほぼ確実に国家試験には合格しますし、合格すれば薬剤師になれ、しかも薬剤師の募集はどこでもありますから、親の仕送り分の投資は回収できる事になるのです。回り道をしてでも、遠く九州の大学へ入学させてでも薬剤師にしたい理由がここにあるのです。
 さて、私が仕事に通っていた近くに大学があり。それは薬学部だけの単科大学でした。新設の大学で、開校未だ数年でしたが、実際に薬剤師の国家試験合格者を出して、地元では実績が評価されていました。ですから、地元の高校生で、将来は薬剤師になって地元の薬局や病院の薬剤師の募集に応募しようと考えている人達は、この大学を目指しているようです。学生も試験を目指してよく勉強しているようでした。大学の難易度はそう高くないようですので現実的な大学選びの一校だと思いました。

Leave a Reply:

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans